FC2ブログ
Galleryやさしい予感日記
ギャラリーの展示内容やここで出会った人々との交流を綴っています。
プロフィール

やさしい予感

Author:やさしい予感
目黒駅徒歩5分。築48年の住宅を改修した、3つの異なる空間を持つギャラリーです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

CJキューブユーザー合同展@Galleryやさしい予感-2
引き続き作家さんと作品を紹介していきます。


GalleryCは可愛らしいキャラクターやイラスト作品を集めて展示しました。

得票数1位だった“なつかし・かわいい”マルメロさん。キャラクター図鑑なども用意してあり、かわいいもの好きな女性たちは声を裏返して楽しんでました。
cj3 (25) cj3 (26)

ゲーム会社でのキャラクター制作を経て絵本の作家を志す、パピルスさん。
なんと地元岐阜県からは新聞社が取材にかけつけてました。
cj3 (24)

幻想的な雨や水景が印象的な、かみやまたつやさんの作品。
cj3 (28)

気持ち良い夢を見ているような、とてもやすらげるさんの作品。
cj3 (23)


ChiruBlueさんの絵本の中から飛び出してきた和紙の灯りやアクセサリーたち。
オリジナルの絵本は無料で配布されました。
cj3 (22)


和室を改装したGalleryBでは主に立体など存在感ある作品を並べました。

モリさんの鉄のオブジェ。
お会いするまで謎の作家でしたが、なんとムサビを今年卒業したばかり、しかも小柄な女性!
自分ではアピールしないのですがムサビの優秀作品賞も受賞しています。
cj3 (12)

KITERETHUさんの奇妙奇天烈なオリジナル時計は実際に身に付けられます。
「映画の中で使われそう」という意見も。
cj3 (16) cj3 (15)

電熱ペン(焼きごての進化系)で木の上に濃淡と陰影だけで表現する焼き絵師Kazumiさん。
ウッドバーニングコンテストでの受賞を機に本格的に作家活動をされているとの事。
驚く事に技法は独学だそうです。
cj3 (14)

英国エジンバラ芸術大修士課程卒で、エジプト在住という湯浅ちひろさん。
WEBコンテストならではのグローバルな作家の出展です。
作品はエジプトの日常を捉えた写真です。
cj3 (13)
せっかくなのでご本人のコメントをここにも掲載させて頂きましょう。
「2011年1月25日のあのエジプトの革命は日本人にも衝撃を与えた。そして先月の24日、新大統領が誕生した。
私は今、エジプトに住んでいる。
ニュースを見る限り、この歴史的な日々に世界中が興奮している。しかし報道で繰り返されるタハリール広場はエジプトのすべてでは決してなく、むしろエジプト人の多くは革命のあの日でさえも日常を繰り返していたという事。
この日常の繰り返しこそが真の歴史であり、彼らの日常と一緒に生きている事を誇りに思う。
好きな人と時間を過ごす、それもまた歴史の一部ではなかろうか。
エジプト、ルクソール西岸の村にて」
2012年5月湯浅ちひろ

強烈な存在感だが、不思議と何処にいても馴染めてしまう足の生えた虹色キノコ。
作家の山本恵海さんは多摩美4年生。
ディスプレイした時のキノコの安定感からも基礎が身に付いた実力を伺えます。
写真中央付近、コブシの動きがとても良いんです。
CA391033.jpg

気品ある闇の世界の住人たちは夏目英璃さんの作品です。
なんと独学で球体関節人形を作っているとの事。
顔の向き一つで表情がガラッと変わるお人形はディスプレイしていてとても楽しかったです。
cj3 (17)

トリを飾るのはZUKERANさんの作品です。
床の間にぽつんと展示させて頂きました。
cj3 (18)
石の中から色鮮やかな花が顔を覗かせています。
タイトルは「生きるⅡ」
cj3 (19)
本物の石を加工しつつ、石粉粘土で細かな形を整えています。見た人は「これ本物なの!?」と驚きの声。
本物、造り物関係なく「石の中から今まさに花が咲き出てきているその様」に感動できる作品。


作品紹介は以上です。
WEB公募ならではだったのが、遠方にお住まいの作家さんの参加があったこと。
関西から何名か、東北福島、九州は福岡、あるいは海を越えてエジプトから作品が集まった事は通常の合同展ではなかなか実現できない事だと思いました。
また、今回ネットを越えてリアルな作品の力を発揮させる事をテーマにしていたのですが、これがまさにその通りでして、嬉しい事に写真で見たら凄かったけど実物は大したことないなぁ、なんて意見は本展では皆無でした。
やはり実物作品にはモニター越しでは決して得られない、肌身で感じられる生々しさや存在感があり、鑑賞者の身体に、心に、ダイレクトに入り込んできます。


今後アートはネットとうまく共存していく必要があると思うのですが、WEB上にあるものはあくまでも文字や映像の情報であって“そのものが在る”のではないという事。その事を作り手も鑑賞者も忘れずに、WEB上でのやりとりに完結しないことが重要に思います。

最後に、今回コラボ企画して頂いたCJキューブ様、そして体調不良により途中棄権せざるを得なくなったクリエジャパン足代氏に深く感謝申し上げます。
元気になったらまた一緒にSNSとリアルな場を持つGalleryとでコラボしていきたいと思います。
スポンサーサイト



テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

CJキューブユーザー合同展@Galleryやさしい予感-1
最近はもっぱらtwitterでしか展示の様子を紹介していませんでしたが、こちらは記事にさせて頂きます。

【CJキューブ×やさしい予感コラボ企画】
CJキューブユーザー合同展@Galleryやさしい予感


アート・クリエイティブ・カルチャーに特化したSNS【CJキューブ】のオンライン公募企画 Thema's GALLERY で勝ち抜いた20名による合同展示会を、コラボ企画したGalleryやさしい予感で開催しました。

展示のテーマは、それぞれの「マイベスト」。
WEB上で116名の中から、一般投票を集め選抜された作家、およびやさしい予感が推薦する作家たちが自信作を展示しました。

会場内の様子です。
GalleryA
cj3zentai (5) cj3zentai.jpg 
GalleryB
cj3zentai (2) cj3zentai (1) 
GalleryC
cj3zentai (3) cj3zentai (4) 


続いて作品と作家の紹介です。

川瀬大樹さんは個性的なキリンを描き続けています。
岩肌のようなマチエールも魅力的で、Galleryの床石との相性もピッタリでした。
cj3 (1)

新和風紙に描かれた和洋折衷の闇世界を描いた貳來(Zqill)さん。ジクと読みます。
cj3 (2)

緻密な草花の装飾ながらうるさくなく、セピアの色合いが優しく美しいイラストレーター野原祐太さん。
色々な作家のエッセンスを取り入れているようですが、私はミュシャを連想しました。
cj3 (3)

もはや写真には写しきれないディテールの超細密画やべれいさん。
cj3-2.jpg
最も細い線はペン先を意図的に加工したもので通常の道具では描けないらしい。
cj3-2 (1)

キャンバスに刺繍して描き出す深遠な世界、佐藤文香さん。
cj3 (5) cj3 (6)
出展者の中では珍しく連作により、合同展という限られたスペースの中に自らの世界を構築できていました。
cj3 (4) 

アーティストやフォトグラファーではなく自らを“写真活動家”と言うHARUさん。
日常の中に存在する小さな気づきを捉える。
金網の歪みは世界の歪みか…
cj3 (10)

TAKEUCHI TAKUYAさんの爆発力ある作品。
絵を描くほかに現在、東京造形大でテキスタイルを専門に勉強中。今後どのようなアーティストになっていくのか楽しみな方です。
cj3 (9)

数ある応募作品の中で最も気になる存在だった相馬博さんの抽象画。
こちら完全に手作業のアクリルで描かれたアナログ作品です。
黒は漆のような仕上がり。鮮やかなオレンジは見事に対比され、重厚なパープルは融合する、陰と陽の世界。
cj3 (8) cj3 (7)

ここまでがGalleryAでの展示です。
まだまだ紹介しきれていませんが長くなるので次回へ続きます。

こちらはレセプションの最後まで残ってくれた皆さんとの記念撮影。
cj3.jpg




テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

さんまフェス作品紹介2
目黒のさんま祭りアートフェスティバル 作品紹介の続きです

毎年恒例となりました 冨田伊織氏による新世界『透明標本』
DSC_0222.jpg 
DSC_0219.jpg 
DSC_0216.jpg 
DSC_0214.jpg


今年初参加 冨岡奈津江 「陶のいきもの」
なんと彼女の作品は全て陶製です!
DSC_0213.jpg


さかなの剥製作家 浅井洋司氏 「水のない水族館」
はく製でもインテリアに飾れるようにと額装から、背景にはおさかなたちの生息地を表すジオラマまで ご自身の手作りです。
DSC_0211.jpg 
DSC_0224.jpg 
DSC_0225_20110920212909.jpg 
DSC_0226_20110920212915.jpg 
DSC_0227.jpg 
DSC_0229.jpg


テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

目黒のさんま祭りアートフェスティバル 作品紹介1
第3回 目黒のさんま祭りアートフェスティバル は9月12日に無事閉幕いたしました。
大くのご協力・ご支援を頂きましたお陰で、イベントは大変盛況でして、来場者から大満足の声を多数頂戴いたしました。

会期中足を運べなかった方のためにブログにてご紹介をさせて頂きます。

また写真共有サイトにも掲載しましたのでご覧下さい。
https://picasaweb.google.com/108347281190122690280/ukBPtB?authuser=0&feat=directlink
↑サイト内の“やさしい予感のアルバム”にその他の写真も掲載しております。

日比野猛 「宙魚2011」ほか
透明水彩絵の具絵を用いた独特な制作スタイルの中に 生命の起源 を見出すべく日々挑戦し続けている。
DSC_0200_20110920212731.jpg DSC_0201.jpg DSC_0202.jpg

薦田梓 「結晶」
深海の古生物・ウミユリをモチーフに海中から望む宇宙を、憧憬と畏怖の念を持って描いている。
DSC_0207.jpg

yae 「海のはなし」
イラストレーターyaeの個展 9月26日~10月3日 CUBE CPACE GALERY にて開催します。
DSC_0208.jpg

野沢竹志 「白い雲 黒い雲」
普段は猫や犬を鉛筆画で描いています。
DSC_0209.jpg

飯島モトハル 「幸福な結婚と幸福では無い結婚とその両方とあまり関係の無い今は死んでしまった二匹の魚」
作品と鑑賞者の関係性を問う気鋭の現代写真家。
DSC_0210.jpg

ナカヤマ皐月 無題
和雑貨デザイナー兼イラストレーター。和風で古風で風変わりなものを目指している。
DSC_0241.jpg

開楽智治 「ニョロッと魚が」
主に大阪で活動。表現世界はメルヘン、ファンタジー、シュール。画材は、アクリル、水彩、油彩、パソコンなど、イロイロと楽しんで描いている。
DSC_0244.jpg

おがさわらきょうこ 「さかなづくし」
主にキャラクターを得意とするイラストレーター。人々に愛されるイラストレーションを目指してる。
DSC_0245.jpg

高野 「さんまのプロフィール」 「さんまの滝上り」
セツモードセミナーにて自由スタイルで絵を学ぶ。
DSC_0248.jpg

sige 「Le monde dela mer 海の世界」
京都にて、デザイナーをやりながらイラストを描いている。
DSC_0250.jpg

きりりん 「恋の住む池」
なんとも言えない雰囲気づくりを目指すイラストレーター。
DSC_0251.jpg

KIKUKO'S Stuffed Doll 「かつお」
オリジナルのぬいぐるみを制作。
DSC_0255.jpg

福岡えみ  「金魚」
ファンタジックな絵を描く、JIA所属のイラストレーター。
DSC_0239.jpg

武藤 満美子 「空を泳ぐ」
メルヘンな絵を描く、JIA所属のイラストレーター。
DSC_0237.jpg

作品紹介2へ続きます

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

T3
タイトルはターミネーター3ではありません。
食をテーマにした企画展
TASTY TASTY TASTY ⇒略してT3 であります
tasty.jpg


一般の方にも写真1枚から参加して頂きました
DSC_0165.jpg


イラストや
DSC_0176.jpg

DSC_0178.jpg


フォト作品
DSC_0175.jpg

世界の食の風景
DSC_0182.jpg

シニカルな作品まで
DSC_0168.jpg

マーガリンでプリント!?
DSC_0171.jpg DSC_0169.jpg DSC_0173.jpg


一見食物に見えませんが・・・
DSC_0180.jpg

見るからにハムですが・・・
DSC_0167.jpg

会期中にはワインパーティも開催しました♪
CA390837.jpg CA390840.jpg
ワインアドバイザーである真鍋摩梨さんの講釈つきでした
CA390841.jpg

カラダに美味しい、目に美味しい?企画でした。


テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術