FC2ブログ
Galleryやさしい予感日記
ギャラリーの展示内容やここで出会った人々との交流を綴っています。
プロフィール

やさしい予感

Author:やさしい予感
目黒駅徒歩5分。築48年の住宅を改修した、3つの異なる空間を持つギャラリーです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚異の世界 ゲイ・アート
大変興味深い情報がありまして、こちらに告知させて頂きます。

ご厚意を頂いておりますマルプデザイン代表の清水様が企画・プロデュースしました伊藤文學さんの貴重なコレクション展をご案内します。

みなさんは『薔薇族』と聞いて何かピンときますか?

自分は高校生の時にその存在を聞きつけましたが(残念ながら見てはいない)、日本で初めて創刊された同性愛(ゲイ)専門雑誌として超有名?です。
その薔薇族編集長である伊藤文學さんでしか集める事の出来なかった滅多に見る事の出来ない貴重な作品群が白日の下に晒されるとは!

『伊藤文學コレクション~薔薇族周辺のゲイ・エロティックアート~』
http://malpu-nippou.blogspot.com/2009/05/blog-post_20.html
buncolle_omote.jpg


*6月1日(月)~6月13日(土)
平日12:00~19:00/土曜祝日12:
00~17:00
展示入場料500円/銀座、ヴァニラ画廊にて
http://www.vanilla-gallery.com/
※会期中ご来場の方にはここでしか手に入らない
 オリジナルポストカードをプレゼント中!
 枚数に限りがございまのでお早めに!!!

更にこの企画展に監修として
関わって頂いております田亀源五郎氏の
2007年、フランスの個展用に制作した連作
「七つの大罪」を本邦初公開いたしております!

今週末のその田亀氏と文學氏のトークショーについて
人数が多い場合は先着順となりますので、
参加希望の方は早めのご来場をお待ちしております。

*期間中特別イベント
「伊藤文學氏と田亀源五郎氏による特別トークショー」
6月7日(日)/15:00~/入場料1500円
(1ドリンク付き)



マルプデザインさんは最近移転しまして、そこには素敵なギャラリーが併設されております。
一軒家を改修したギャラリー兼デザイン事務所なのですが、その改修プランの際にご相談を頂いたよしみであります。
今回の企画展、面白そうと食いつきはしましたが、私自身はソッチ系じゃありませんよ。
本当です。
中高男子校で柔道部でマッチョな男同志もみくちゃの汗まみれで青春時代を過ごしたかもしれませんが、天に誓って私はノーマルです。

本当ですって。

嫌だ、疑ってない?

オホ、オホホホホ~。


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

長野2 松本クラフトフェア
毎年日本最大級の規模で開催される松本クラフトフェアに行ってきました。

クラフトフェアはクラフトマン・工芸作家の作品発表と販売の場であり、また人々の交流の場でもあります。

ここではどんな人と、作品と、出会いがあるでしょう。ワクワク♪

暮らしいい予感展で家具や素敵な小物を展示して頂いた木工作家、greenlightの菅原さんご夫婦にお会いしました♪
CA390274.jpg

クリスマスセレクションに参加していただいた橋村大作さんも出展されていました。
相変わらず飛びぬけた技術。
6/12~18はやさしい予感ご近所の恵比寿ガーデンプレイスの三越にて作品展がありますので是非ご覧ください!
CA390275.jpg
こちらは奥さまの作品。かわいい!
CA390276.jpg

田鶴濱優香さんの土の合わせ目が木目に見える陶芸作品。
まるで木工!?実際軽いし、実用で使いたい作品でした。
CA390268.jpg

様々なオリジナルデザインを表現した廣島晴弥さんのカットガラスたち。
CA390269.jpg
色つきもきれいでした。
CA390270.jpg

はっきりした色のコントラストが個性的、戸田晶子さんのガラス作品。
オゾンクラフトマーケットでも見かけたので目についたときすぐ分かりました、この表情。
CA390273.jpg
CA390271.jpg
まるで藤城清治の影絵、写真で表せないのが悔しい。
CA390272.jpg

石目調に表現されたガラス作品。
CA390277.jpg
CA390278.jpg

“金属料理人” Shuichi Masudaさんとは宮崎あおいが大好きでしょうがない(笑)というお話をしてきました。
CA390281.jpg
CA390280.jpg
CA390279.jpg
たしか材料には亜鉛系を扱っていたのかな?五円玉と同じ金属ですって。
独特の世界観と確かな技術が素敵でした。展示台も自家製。

もぉ、この方の作品にはハマっちゃいました!
CA390266.jpg
木工の菅野貴峰さん。家具と雑貨を半々の割合で製作しているそうです。
今回は雑貨メイン。
CA390265.jpg
カードスタンドも巧みな仕込みが効いています。煙突にみたてたくさびがワンポイント。
CA390267.jpg

ホントにみなさんスゴイ!
やさしい予感でもこんな素敵な作品たちを展示させて頂けたら、なんて想像すると…鼻血もんですね。

クラフトマンたちに共通しているのは、みんな好きなものをつくって楽しんでイキイキしているという点。
当然、アイデアを絞りだして~オリジナリティを模索して~技術も磨いて~かつ売れることも大事で~もう、沢山の苦労が伺えます。
でも根っこにあるのはやはり“好き”だから“楽しい”からこそなんですね。
その空気が会場全体を包んでいるんです。(屋外ですけど、雨降ってましたけど…)

クラフトフェア、オススメです。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

長野へ出張(という名の小旅行)
5/30・31と2日間、急きょ長野に出張してきました!
目的は松本クラフトフェアという日本最大級のクラフトフェアです。

目黒を出て外泊してくるなんて実に久しぶり♪
少々心が踊ります。

クラフトフェアの紹介の前に、寄り道を紹介してしまいましょう。

国宝“松本城”
城の中では日本最古だそうです。
P5300108.jpg P5300110.jpg

御開帳で何かと話題を呼んだ善光寺!
P5310113.jpg P5310112.jpg
6月1日に閉じられたそうです。
滑り込みセーフでした!!
と言っても最終日と知らずに参ったのですが、意外と空いてたのに驚き。
また、混雑状況を考慮せずに(そしてそのありがたみを知らぬままに)話題だから行ってみちゃおう!という自分のノリの良さにも驚かれる。

ラッキーなことに、善光寺の隣の公園には“東山魁夷美術館”があるではないか!
東京国立近代美術館で開催した生誕100年展では入口まで行ったはいいがあまりの混雑ぶりに引き返したあの東山魁夷作品にここで出会えるとは!
善光寺ご利益?
さすがに作品は写真撮影できないので建物だけでも
P5310116.jpg
ガラガラです。作品鑑賞にはもってこいでした!
P5310114.jpg
ヨーロッパの街並みを描いた作品も多数ありましたがそれらにはピンと来ず、やはり自然の風景画が抜群!
本当の森林浴より癒されちゃいそうでしたよ!

※絵ハガキです
2009-06-03 17;20;40
※絵ハガキですよ
2009-06-03 17;22;39
※足元にご注意ください!
P5310117.jpg
美術館外周の池より。
こうやって落ちるからにはこの看板に、いや池の存在にすら気づいてないんだろうな。
いや、注意以前にこれって突き落とされてないか?

次回はクラフトフェアをご紹介します!
素敵な作品たちをお楽しみに♪

テーマ:日記 - ジャンル:日記

PAINTING × FASHION
AYUMI EXHIBITION 2009 イベント第二弾はファッションとコラボイベントでした。

Painter AYUMI
スタイリスト 井上☆TOP☆亜紀
脚本家・作詞家 KOHEI aka 獅詩倭歌

ジャンルを超えた3人による新しいアートショーです。

あいにくの雨天により、多少狭いですが館内でのイベントとなりました。

黄色のパーカーをまとったAYUMI。
今回のイベントは“色”が重要なテーマになります。
P5240006.jpg

出演前のモデルさんたち。
ショーの最中はこの子たちに直接Paintingしたり装飾したりします。
P5240008.jpg

AYUMIが描いて
P5240014.jpg
TOPがスタイリングして
P5240017.jpg P5240049.jpg
一人あたり10分程度かけて仕上がったら舞台裏に戻ってきます。
モデルのりんさんお疲れ様♪白地にブルーが印象的ですね。
P5240020.jpg P5240050.jpg
ゆか / 白から赤
P5240051.jpg P5240064.jpg
あかり / 緑
P5240026.jpg P5240029.jpg
ゆみ / 黒から白
P5240033.jpg P5240037.jpg

モデルさんたちを装飾した後はAYUMIもTOPもそれぞれの作品に取り掛かります。
P5240062.jpg P5240054.jpg

そして完成
P5240077.jpg
井上☆TOP☆亜紀
P5240076.jpg
AYUMI
P5240075.jpg 

そしてこの一連のショーを監修したのがKOHEI。
彼のオリジナル短編ストーリー『虹』をベースにショーが展開されました。
KOHEIとモデルのりんちゃんと、何とシンガー・ソングライターJYONGRIちゃんも遊びに来てたので記念撮影!
P5240060.jpg
物語のあらすじは、実際に見えている外見の色でなくその人の内面をイメージした色でキャンバスに描く画家が、自分自身の色を探し出す物語です。
今回のイベントでは、外見のイメージにあわせた色の服装から、内面をイメージした色で装飾していき、最後には自分の作品を創り出すという流れで、物語とリンクさせたショーでした。
ショーの最後にはごあいさつと今回のストーリー仕立てのショーについて簡単なネタばらしも。(お客さんは物語『虹』については後から知らされることとなっているのです。)
P5240067.jpg

出演者による記念撮影
P5240073.jpg
お客さんも一緒に
P5240072.jpg
舞台側からも撮影
P5240071.jpg
スタイリスト井上☆TOP☆亜紀 ×Galleryやさしい予感×PainterAYUMI
P5240083_20090602144253.jpg

実にエネルギッシュ&スタイリッシュなアートイベントでした!
もう一度紹介します。

Painter AYUMI
スタイリスト 井上☆TOP☆亜紀
脚本家・作詞家 KOHEI aka 獅詩倭歌

これからの活躍が期待される若手アーティストたちにぜひ注目してあげてください。

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

AYUMI AXHIBITION 2009
AYUMI AXHIBITION 2009 の様子を掲載します。
P5250100.jpg P5210032.jpg

猛々しくもやさしい瞳をした獅子と女性。
上下あわせて連作になります。
P5250094.jpg

ステンドグラスを融合させた作品、monkey instinct。
AYUMIは猿が好きなんです。
P5250093.jpg

こちらが最新作。
その表情と背後に抜け出ていく黒い影が印象的です。
P5250090.jpg

底へと沈んでいく女性は当時の自身の心境を描いたようです。
と同時に浮上する気泡は白く輝く希望、でしょうか。
P5250091.jpg

作品名はポーカーフェイス。
他作品と比べても感情を閉じ込めている表情がうかがえます。
P5250092.jpg

全長4.5mに及ぶ大型作品。
海や森の大自然と猿からヒトへと進化する様も描かれた壮大な作品。
P5250096_20090602120247.jpgP5250097_20090602120253.jpg

対照的に小振りなコチラの作品。
P5250098.jpg

AYUMIは幅広い層から支持されています。
Galleryやさしい予感おなじみのお客様にも大評判!
DSC_2087.jpg

今回の個展には大阪からおじいちゃんも応援に駆け付けてくれました!
DSC_2074.jpg



テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。