FC2ブログ
Galleryやさしい予感日記
ギャラリーの展示内容やここで出会った人々との交流を綴っています。
プロフィール

やさしい予感

Author:やさしい予感
目黒駅徒歩5分。築48年の住宅を改修した、3つの異なる空間を持つギャラリーです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和展 その四 絵画
今回は和展の平面作品から一部ご紹介いたします。

hibino1.jpg hibino2.jpg
日比野猛 【水彩曼陀羅】 水彩画
左右の作品を見比べてください。
格子状の額はそのままに中の9枚のパネルを入れ替えて異なる作風を楽しめるのです。

hibino3.jpg hibino4.jpg
手元で好きなレイアウトを考えてからパネル交換ができます。
真ん中だけ抜いてみたりも。

水彩画とは思えない立体感をもちながら、かつグラデーションがとっても美しい印象的な作品。
マクロ的な見方もミクロ的な見方もできる日比野さん独特な世界観です。

hideyoshi.jpg
日出由 【無題】
60号の今回出展作品中一番大きな作品です。

DSC_0013.jpg
日出由(ひでよし)さんは他に掛け軸も展示しています。
色づかいがとても素敵で老若男女問わず好評です。

DSC_0015.jpg
佐薙陽子 【桜吹雪】
こちらも水彩画なのですが立体感があり、またラメ入り絵具で日本画風に仕上げた作品です。
淡い色合いがとても穏やかで、佐薙さんのお人柄がうかがえます。

DSC_0016.jpg
miho 【恋心】
目を閉じているのに目力がある?
実はある仕掛けが施されているのですが…実物を見た人だけがわかる奇抜なアイデア。

miyagawa.jpg
宮川雄一 新作2点
一昨年個展を開催した宮川さんはバリバリの売れっ子イラストレーターです。
上手い、上手すぎる!
新作を見るたびに格段に進歩する期待の作家さんです。
今回の作品、髪の毛の生え際、うなじに注目です!

いよいよ和展会期も残りわずか。
まだ見ていなくてお時間ある方は是非お立ち寄りください。

スポンサーサイト

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

和展 その参 伝統工芸
引き続き【和展】の出展作品の一部をご紹介いたします。

u-zen.jpg
堀口真澄 加賀友禅

元々油絵を描いていた堀口真澄さんが友禅染めに魅入られ、現在では金沢で師匠に弟子入りし修業されています。
今回の出展は訪問着と帯2本。
伝統工芸とポップで可愛らしいデザインが融合された作品です。

agano5.jpg agano6.jpg
上野浩平 高田焼 上野窯(アガノガマ)

開窯1602年!!
実に400年以上の歴史を誇る、上野家一子相伝、肥後随一の古陶です。

agano1.jpg

agano2.jpg

agano3.jpg

agano4.jpg

高田焼(八代焼)の特徴である象嵌の技法は、朝鮮の高麗時代に発達したもので、現在日本では唯一高田焼のみがこの技法を伝え守り続けております。
象嵌は、半乾きの素地に竹べらまたは押印によって模様をほり込み、その凹部に長石を埋め込むもので、手数がかかりごく少量の生産となりますが、出来上がりは極めて高雅上品であります。
現在11代才助(平成9年秋、勲七等青色桐菓章受賞)並びに長男12代当主浩之、孫13代浩平(東京芸術大学・工芸科卒)が、400年に亘る伝統を守っております。

aikama2.jpg
志鎌一江 漆工芸
多彩な漆の表情が見られる展示内容です。
こちらのお椀は木目を生かしながらもきちんと艶が出ている、丁寧な仕事を伺える作品です。
色箔を貼ったものと朱色と二種類あります。

sikama1.jpg
蓮の実をイメージした器です。
木製でなく、五層の布地に漆で構成された作品で、非常に軽いです。
色箔が貼られた内側は透明漆でコーティングされているので実用的でもあります。

sikama3.jpg
色漆によりこのような自由なデザインも手掛けられます。

志鎌さんと上野さんは藝大の同級生で、今回二人揃っての出展になります。
偶然にも私と同じ年でした。
お若いのにいい仕事しますねぇ。

友禅の真澄さんにいたってはまだ20代半ば!

日本の伝統工芸は次世代への継続性が危ぶまれてはおりますが
新感覚の若者によって受け継がれることで新しい流れをつくり
きっと大きな支えとなってくれるであろう
そんな予感がする展示内容でした。
お時間ある方は是非会期中にいらしてください!


テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

和展 その弐 判子
現在開催中の【和展】の出展作品の一部をご紹介いたします。

andou001.jpg
安東和之 【ゴールデンお母さん】

巨大な人の顔が見えますか?
作家の母親の顔が描かれています。
ギャラリーに入場して最初に目にする作品です。

この作品、近づいてよ~く見ると…

DSC_0004.jpg
なんと判子で描かれているのです!
和紙に金色の判子を一つ一つ押印してできています。

年末年始に母親に会えなかったのだけど、“いつもそばに”という文字入りの判子で自分の母への思いを込めている作品です。

和展のトップバッターを飾るにふさわしい?大作ですね。

DSC_0002.jpg
ちなみに判子の押印テクニックなども見れます。
楽しいですね♪

判子アートといえば、消しゴム判子を作る作家も出展しています。

DSC_0007.jpg
寺田創の消しゴム判子

来場者は消しゴム判子を試し押しできるので、みなさん楽しんでいらっしゃいます。

DSC_0005.jpg
寺田創 【平成】
この文字も近づいてよ~く見ると…

DSC_0006.jpg
何と彼のオリジナルキャラクターたちがひしめきあってヒト文字を作り上げているのです。
驚きの緻密さです。

日本文化に馴染みのある判子というアイテムも、現代ではこのようなかたちでアートとしても活きてくるのですね。

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

和展その壱
1waten.jpg
【 和 展 】
1/6(wed)~18(Mon) 11:00-20:00 (Last18:00まで) 火曜日休館

新年最初の展示会はズバリ 和 展 

“和”を題材とした絵画・イラスト・陶芸・漆・着物や染物の展示です。

クリエーターの支援と市場の活性化を目的に活動するRoughStone(ラフストーン)と、
やさしい予感が共同で開催する、各ジャンルから総勢21人が参加する企画展です。
新進気鋭の若手クリエーターによる新しい“和スタイル”をお楽しみください。

galleryA1.jpg galleryA2.jpg
平面作品は日本画をはじめ和風イラストや判子を使った作品など

galleryB.jpg jroom.jpg
和室には友禅着物や工芸品も展示しております


ぜひ足をお運びください。
振る舞い酒♪を用意してるので、できれば徒歩でお願いします。一杯やりましょう(笑)
和展特設サイト:http://design.gr.jp/event/wa/top.php


テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

年始ご挨拶
あけましておめでとうございます

2010年賀状1


皆様にとって幸多き一年になりますようにお祈り申し上げます。

今年はもう少しブログの更新頻度を上げます!

…って、言ってしまった

テーマ:日記 - ジャンル:日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。