FC2ブログ
Galleryやさしい予感日記
ギャラリーの展示内容やここで出会った人々との交流を綴っています。
プロフィール

やさしい予感

Author:やさしい予感
目黒駅徒歩5分。築48年の住宅を改修した、3つの異なる空間を持つギャラリーです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年始ご挨拶
本年もよろしくお願いいたします。
随分間があいてしまった日記の更新ですが、新年のご挨拶を申し上げます。

まずは年始に嬉しいご報告。

昨年12月にやさしい予感で開催して頂いた
【生誕100年 宮下廣吉展】(主催:宮下事務所)
こちらで作品の寄贈先を募集していたところ福島県のたちばな幼稚園に贈ることが決まったのですが
先日無事に届いて飾られたとのお知らせを宮下事務所様からいただきました。

外で遊ぶのが困難な状況の中ですが、幼稚園内に飾られたことで園児たちは作品と触れ合い、やさしく温かな気持ちになれることと思われます。
宮下廣吉さんの作品がまたそういう力を持っており、寄贈先として申し分ない、それを感じさせる1枚の写真です。
tachibana.jpg

展示会の様子はこちらです。
DSC_0340.jpg 
DSC_0341.jpg 
DSC_0342.jpg 
寄贈された作品「まつりの日」。
DSC_0347.jpg 
故人ですが、宮下廣吉さんもお喜びのここでしょう。 (本人自画像より)
DSC_0346.jpg

「まつりの日」は日展入選作品の油彩画で美しく飾られた馬と手綱を持つ馬子が描かれています。
寄贈なさった作家の次女で美術史家の宮下夏生さんは「絵を通して郷土の祭りを思い起こしてほしい」との思いで申し込みを希望していました。
園児たちは作品と一緒に身近に過ごし成長していくことで、十分にこの気持ちは伝わるのではないでしょうか。



昨年の経験から私たちは、今まで当たり前のようにあったものを、大事にしていく事を学びました。
今年は、そのことからまた別の新しい大事なものを生みだせるのではないか、そんな期待感、いや予感がしています。

まずは、大切な物を大切にする、それだけでいいんだと思います。

2012年、皆さまにとって幸多き年になりますよう心からお祈り申し上げます。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yasayoka.blog107.fc2.com/tb.php/124-1c745aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。